有効な成分

治療に有効な成分

胸ニキビを治療せずに放っておくと、慢性的な炎症を起こし、さらには色素沈着や傷跡として残ってしまいますから早めの処置が必要です。
そこで、胸ニキビを治療するのに有効な成分をみてみましょう。

 

 

まず、「サリチル酸」という成分があります。
皮膚科などの医療機関では、高濃度のサリチル酸を使用して、ピーリング治療することが多いようです。
約1ヵ月間隔で数回のピーリング治療を繰り返すと、胸ニキビが改善されるということです。

 

また、サリチル酸はニキビ治療に有効な医薬部外品で、ニキビ用のスキンケア製品に配合されています。
自分で治療したいという人は、サリチル酸配合の市販のニキビ治療薬を探して試してみると良いでしょう。

 

 

次に、「トレチノイン」という成分があります。
トレチノインは、皮脂の分泌量を抑える効果や、肌の角質や角栓を剥がしてニキビを作りにくくする効果があります。
肌が脂っぽい人や、肌質や環境の影響で、肌に古い角質が溜まりやすい人のニキビケアに向いていると言えます。

 

このトレチノインの治療は私もやった事があります、私の場合は胸ニキビでの治療ではありませんでしたが
二の腕のプツプツに効くという事でいきつけの皮膚科さんに勧めてもらいました。

 

これも結構刺激が強いのですが、その分効果があります。
簡単に言うと皮膚のターンオーバーがものすごく速くなり、皮膚がベラベラめくれてきます。
新しく生まれた皮膚は、それはもう綺麗な事!!
ただ、生まれたての皮膚ですので日焼けや刺激は厳禁です。

 

でも、このおかげで私の二の腕のプツプツは綺麗になりました。
皮膚がめくれている間は、毎日驚きでしたがこの治療はやって良かったです。

 

最近の皮膚科さんはこのトレチノインを使う所も増えていると聞きます。

 

 

他には、「グリコール酸」という成分があります。
グリコール酸は特にフルーツに豊富に含まれているので、別名フルーツ酸とも呼ばれています。

 

胸ニキビには、肌にやさしい低濃度のグリコール酸配合のローションで拭き取るケアがおすすめです。
毛穴の角栓や余分な角質をスッキリ除去することで、ニキビが発生しにくい肌へ改善されると言われています。