ホルモンバランス 整える

ホルモンバランスを整えよう

食事はホルモンのバランスを整えるために、とても大切です。

 

野菜や果物に含まれるビタミンC、豚肉や大豆などに含まれるビタミンB1、鮭やバナナなどに含まれるビタミンB6、アーモンドなどのナッツ類、鰻やタラコなどに含まれるビタミンE、納豆や豆腐などの大豆製品に含まれるイソフラボン、ヨーグルトや小松菜に含まれるカルシウム、いわしやさんまなどの魚介類に含まれるEPAとDHAなどを、毎日の食事でまんべんなく摂取することが望ましいです。

 

 

これらの栄養素は、脳の神経の働きを正常にし、ストレスへの抵抗力をアップさせたり、血行を促し、ホルモン分泌を活発にさせたりしてくれます。
特に、大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た作用を持っているので、積極的に摂取することをおすすめします。

 

 

また、アロマテラピーも、ホルモンバランスを整えるのに効果的な方法です。
アロマテラピーで使用する精油のクラリセージは鎮静作用があり、女性ホルモン様の作用があります。
アロマテラピーは香りを楽しみながら治療することができて、副作用もほとんどないので安心です。
(でも妊娠中はダメな成分もありますので、それはプロの人に聞いた方が良いです)

 

 

ホルモンバランスの乱れは食生活を改善したり、アロマテラピーを生活に取り入れたり、生活リズムを整えると改善されます。
無理なく続けられる方法をいろいろ試してみて、ホルモンバランスを整えましょう。
きっと、ニキビができにくく健康な体を作ることができます!