マラセチア毛包炎

マラセチア毛包炎かも?

胸にできるブツブツや炎症に悩んでいて、一生懸命にニキビケアをしているのになかなか治らないとい人は、もしかしたら、ニキビではなくて「マラセチア毛包炎」かもしれません。

 

マラセチア毛包炎は、皮膚の表面や毛穴の皮脂を栄養に増殖する「マラセチア」というカビが引き起こす炎症です。
毛穴の中でマラセチアが増えると、皮脂を分解して、遊離脂肪酸を作り出し、肌を刺激します。
マラセチア毛包炎は胸・背中・肩などの比較的皮脂が多く出やすい部分にできやすく、ニキビと似たような炎症症状が現われますから、ニキビと勘違いしてしまう人も多いようです。

 

ちなみに私は以前、頭皮がかゆい事が続き、皮膚科に行って調べてもらったら「マラセチア菌」が原因の
【脂漏性皮膚炎】
でした。

 

これが結構やっかいで、耳のあたりもかゆくなるし、顔と髪の毛の境目もかゆくなるんです。

 

お医者さんも、「これって簡単に治る場合と治らない場合があってね〜・・・」といわゆる「コイツはやっかいですぜ」
という説明をしてくれました(笑)

 

私の場合はなかなか治りませんでしたよー。
最終的にはシャンプーの変更とボディーソープの変更でおさまっているという感じです。

 

何か、【治った】って到底思えないんですよね。【おさまっている】状態がしっくりきています。

 

シャンプーは「グリチルリチン酸ジカリウム」という有効成分が入っているものを使ったら、驚くほどスッキリかゆくなくなりました。
ボディーソープは「石鹸」に変えました。

 

ただ、それだけでした。

 

 

それでは、マラセチア毛包炎とニキビの違いは、何なのでしょうか?
マラセチア毛包炎はカビが原因であるのに対し、ニキビはアクネ桿菌という細菌が原因です。

 

マラセチアはカビですので、高温多湿や不衛生な条件になると増えやすいと考えられます。
アクネ桿菌は皮脂をエサに増殖します。

 

どちらも、肌を清潔に保つことが、症状を悪化させないことにつながりますが、症状が似ていても、別々の肌の炎症なので有効な治療方法や、治療薬はまったく異なります。

 

マラセチア毛包炎は、ニキビに比べると治りやすい症状です。
しかし、ニキビと勘違いしてニキビ用の治療を行ってしまっては、逆に症状を悪化させてしまう可能性があります。
ですから、ニキビケアをしているのになかなか治らないという人は、マラセチア毛包炎も疑って、皮膚科で診察してもらうことをおすすめします。

 

私のようにマラセチアの場合もありますので、なかなか治らない人は是非お医者さんを勧めますよ。