ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

胸ニキビの治療は、大切な体の中心部分を治療するものですから、専門医の手を借りるのが1番です。
そこで、皮膚科のケミカルピーリングがおすすめです。

 

※私もケミカルピーリングを受けた事があるのですが、これは皮膚があまり弱い人には勧めません。
私もさんざん医師と話をして、「大丈夫だと思うのでやってみましょう」
と言ってもらって、始めたくらいです。

 

何となくの知識で知っている方は「肌を溶かす」というイメージがあると思います。
私達素人はそんな風に思っていると思うのですが、もしそうだとしたらある程度皮膚の強い人がやるべき治療だと思いますよね?

 

なので、安易にやるのではなく、医師にきちんと相談してやってみるといいと思います。

 

 

皮膚は表面を剥がすと表皮細胞の活動が活発になり、新しい表皮を再生する性質があります。
この性質を活かして、ニキビでダメージを受けた皮膚を新しく再生させようというのがケミカルピーリングです。

 

皮膚科で行うケミカルピーリングは、薬剤を使って皮膚の古くなった角質や表皮を剥がしていきます。
今までのケミカルピーリングはフェノール・サリチル酸・TCAが有名でした。

 

治療効果は高いのですが、反面、副作用や合併症が多いというデメリットがあります。

 

 

そこで、現在では、AHAと呼ばれるフルーツ酸を使ったケミカルピーリングを行う皮膚科が多いようです。
低濃度の乳酸やグリコール酸などのAHAを使って、古くなった角質や表皮を剥がす方法で、表皮を傷つけることなく皮膚細胞を活性化させることができるため、安全で効果的です。

 

1回の治療で劇的に症状が改善される方法ではありませんが、肌にやさしい安全なピーリングを数回に分けて行うことによって、最終的に強いピーリングと同じ効果を得ることができます。
マイルドなケミカルピーリングとして、人気が高いニキビ治療です。

 

ただし、皮膚科の治療でも、成功率は8割で、2割の人にはトラブルがあると言われています。
より、安全で効果的な治療ができるように、皮膚科選びは慎重に行いましょう。

 

ちなみにAHAは石鹸として販売されています。

 

このHPのTOPページに記載してある「私の友人もピーリング石鹸で胸ニキビが治った」という話は、まさにこのAHAが配合されている石鹸の事を指します。
種類によってAHAが何パーセントかは違ってくるのですが、一般人の私たちが普段から使えるような商品はそれほど刺激が強くないものです。

 

何度も言いますが、お肌の弱い人は避けた方がいいかな〜と思います。
石鹸ですら、刺激になると思います。