できやすい人の特徴

胸ニキビができやすい人の特徴

ニキビは体の中心に位置する胸や背中などの、汗を出す皮脂腺が集中している部分にできやすいものです。
特に、体に汗をかきやすい皮脂分泌量が多い人は、胸が脂っぽくなりがちで、ニキビの原因となるニキビ菌が多いため、当然ニキビの発生する確率が高くなります。

 

しかも、人間の毛穴に存在しているニキビ菌は、酸素を嫌う性質があるので、酸素に触れない毛穴の内部に生息しやすいものです。

 

毛穴の中でニキビ菌は皮脂を分解し、肌を刺激する遊離脂肪酸を作り出してしまい、しかも、遊離脂肪酸をエサとして増殖を続けます。
刺激されて雑菌が侵入した部分はニキビの症状が悪化するという悪循環に陥ります。

 

このような悪循環が起こりやすいので、皮脂分泌量が多い人は、ニキビが発生しやすく、悪化もしやすいと言えるでしょう。

 

また、皮脂分泌量が多い人は、肌の状態がアルカリ性に傾いている可能性があります。
本来、人間の皮脂膜は弱酸性で、細菌やカビが異常に繁殖しないように皮膚表面から毛穴を清潔に保っています。

 

ところが、汗はアルカリ性なので、弱酸性の肌のバランスを崩してしまいます。

 

つまり、弱酸性の肌のバランスを保つことが、胸ニキビのできにくい肌作りにつながります。
アルカリ性のスキンケア化粧品は避けるようにして、石けんやシャンプーは弱酸性の化粧品を選ぶようにすると良いでしょう。

 

よくCMで耳にする事が多いですよね、「弱酸性」って言葉。
あれだけ強調するには意味もあるんですよね。