胸 ニキビ 予防

胸ニキビの予防

女性はブラジャーを1日中身に付けているので、胸の谷間やブラジャーが肌に密着している部分は汗や汚れが溜まりやすく、雑菌が繁殖しやすい状態になっています。
また、化学繊維を使用しているブラジャーは汗を吸収しにくいので、皮脂汚れや雑菌が蓄積されて毛穴が詰まるなど、胸ニキビの原因になりやすいものです。

 

ですから、下着の素材にも気を付けて、コットンなどの汗を吸収しやすく、乾きやすいものを選ぶことをおすすめします。

 

そして、汗をかきやすい時期は、汗をかいたらすぐに下着を取り替えるように心がけましょう。

 

ブラジャーは夏の間だけでも吸汗速乾素材のものでもいいと思います。
私の場合は「ユ〇クロ」のそういうブラジャーをつけていました。

 

汗をかいても、きちんと吸ってくれてすぐに乾いてサラサラ。
そういうブラをつけていないと、本当に常にジメジメになってしまいますよね。

 

私は全然胸がないので、谷間なんてすばらしいものは出来ないのですが、谷間がちゃんと出来る人こそブラジャー選びは気を付けていただきたいと思います。

 

 

また、タオルの衛生管理も重要なポイントです。

 

入浴やシャワーできれいに顔や体を洗った後で、不衛生なタオルで拭くようでは、雑菌を塗りつけているようなものですし、体に雑菌が付いてしまうと皮脂と混ざってさらに雑菌が繁殖してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 

一度使ったら洗濯するようにして、雑菌の繁殖を防ぎましょう。
それと、人間の体には人それぞれの細菌が存在していますから、他人とのタオルの共有は避けた方が良さそうです。

 

シーツや敷布団などの寝具の衛生管理も大切です。

汗が染み込み、雑菌が繁殖した寝具を使い続けていると、雑菌の影響による、胸ニキビの発生や悪化につながります。
シーツはこまめに洗い、布団を干したり布団乾燥機にかけたりするようにしましょう。

 

肌に触れるものの衛生管理に配慮することが、胸ニキビの予防につながります。